牛の格付け・・・知ってます!?

以前、牛肉の格付け基準ができた背景から黒和牛のランク付けの必要紐解きました。 
今回は、生産者側の視点で黒和牛のランク付け整理してみたいと思います。 
和牛の『A5』という文字に皆さん惑わされていたかもしれませんよ! 

もちろん、人の好みは千差万別でありますし、私自身『A5』が美味しくないというつもりもありませんが、和牛の事知った上でお食事された方がより美味しく楽しくできると思いますので、和牛に関して少しでも理解深めて頂ければと思います。

<焼肉屋さんなどでよく目にするA5ランク>

『A5』の肉と聞いて「美味しい」「霜降り」「やわらかい」「とろける」等が連想される事と思います。でも、この『A5』という肉がどの様な肉が知っている人は多くないと思います。 

前回のメールでも書いたとおり、格付け定めたのは『公益社団法人日本食肉格付協会』という協会であり、格付けについて以下の様な説明となってます。 

『A』・・・歩留等級 
1等の牛から取れる肉の量表し、A>B>Cと3段階で格付けされます。 
同じ体重の牛でもたくさん肉が取れる牛が高評価となります。 

『5』・・・肉質等級 
脂肪交雑・脂肪の色沢と質、色沢、しまりときめの4項目から総合的に決定されます。 

右記の図は、霜降り度合い判断するBMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)という判定基準です。 


等級1:No.1 脂肪がほとんどないもの 

 

等級2:No.2 脂肪がやや少ないもの 

 

等級3:No.3~No.4 標準のもの 

 

等級4:No.5~No.7 脂肪がやや多いもの 

 

等級5:No.8~No.12 脂肪がかなり多いもの 

 

格付け簡単に言うと、『肉がどれだけ取れるか?』『霜降りはどの程度あるか』『切断面から見たお肉の色等の状態はどうか』という様な観点から、一番高い格付けとなったお肉が『A5』ランクとなります。 


格付け簡単に言うと、『肉がどれだけ取れるか?』『霜降りはどの程度あるか』『切断面から見たお肉の色等の状態はどうか』という様な観点から、一番高い格付けとなったお肉が『A5』ランクとなります。 

 

さて、この評価基準に『お肉の美味しさ』という尺度がありましたでしょうか?

ユーヨーグリルのメイン食材である赤毛和牛は、肉の旨みを本当に感じられる美味しい和牛です。

この赤毛和牛の仔牛は、生まれるとすぐに北海道の大自然の中牧草地に放牧され、母乳で育てられます。

そのため免疫力の強い牛に育ちます。そして大自然の中で、思う存分運動し、時には母牛とともに放牧されるため、ストレスなく成長していきます。さらに離乳後には、牧草や野草など草食動物である牛に適した、安全な国産の粗飼料がたくさん与えられ、健康な牛に育っていきます。

そうすると、余分な脂肪がないことに加えて、牛が自分の健康を守るために、自ら生合成した多様な機能成分が含まれていることが、健康に育った証です。このように健康に育ったあか毛和牛だからこそ「ヘルシーでおいしい」牛肉をとなり、自信を持ってオススメしています。

 

 

是非、二子玉川で営業しているユーヨーグリルで、肉の旨みが濃厚でヘルシーで美味しい赤毛和牛のステーキをお召し上がりください^^