サシの量と美味しさの関係性

牛肉の格付けは以前にご説明したとおり、『肉の歩留り』と『肉質(特に脂肪交雑)』です。最高ランクの『A5』は脂肪交雑が一番多い状態の肉となります。 

肉の中に含まれる脂肪の量粗脂肪量といいますが、現行の食肉格付が導入される1988年には、総重量の23%が粗脂肪量でした。それが、2005年には41%に達し、現在は50%超える個体も多く出てきているといわれています。50%超えるという事は、1枚のステーキ肉の半分が油脂という事ですね。これでは、『赤身肉の中にサシがある』のではなく『サシの中に赤身肉がある』という状態であり、肉の色が白に近い状態になりますね。

サシの量が多い牛肉が美味しさにつながっているかというと、実態はそうでもないようです。 
そして、格付け評価基準元に生産者は高く美味しい牛売ろうとした結果、牛の健康状態が良くないという事も前回にご案内したとおりで、人間にとってもヘルシーかという言われると必ずしもそうではないという事になろうかと思います。

黒毛和牛|赤毛和牛|ステーキ|二子玉川
<サシの中に赤身肉がある状態?>

当店がご提供する赤毛和牛は、北海道の大自然の中牧草地に放牧され、母乳で育てられます。

そのため免疫力の強い牛に育ちます。そして大自然の中で、思う存分運動し、時には母牛とともに放牧されるため、ストレスなく成長していきます。さらに離乳後には、牧草や野草など草食動物である牛に適した、安全な国産の粗飼料がたくさん与えられ、健康な牛に育っていきます。

黒毛和牛のA5ランクの脂っこさは全くといっていいほどない、当店の赤毛和牛を食べ比べてみて、その味の違いに驚愕です^^

一度お試しを!!!